心が熱くなる!
キッズスポーツの写真
ベストショットを紹介します。

お子様の部活やチームスポーツでアルバムを作ることの多いこの時期。みんなの心にじんとくるブックに仕上げるためにはどんな写真を載せるといいでしょうか。ギャラリーのグッドショットからそのアイデアを紹介します。

プレイを撮る時

連写でいい瞬間を逃さない。

動きの予想できないスポーツは特に、思い描くようなベストショットはなかなか撮れないものです。普段からお子さんのスポーツを撮っているお父さん・お母さんに聞くと、「とにかく連写、何枚も撮れば数枚はいのがある!」だそうです。思い切りよく、シャッターを切りましょう。(写真:『GO FOR IT! 未来へ』 tama-kitiさん)

顔が写ってなくてもOK。

普段写真を撮るときのようについ顔がはっきり見えている瞬間を狙ってしまいがちですが、背中を向けていても、動きを追いかけてシャッターを切りましょう。試合の躍動感、様子を伝えるカットとして価値ある一枚になるかもしれません。(写真:『GO FOR IT! 未来へ』 tama-kitiさん)

相手チームの選手も写っているほうがいい。

違う色のユニフォーム、相手チームの存在が写ると、試合らしい緊張感が出せます。(写真:『仲間・絆… 物語第二章』 yoshiyuki ebisuさん)

プレイ以外の写真も大事。

試合の臨場感が伝わる、脇役の存在。

家族の熱い声援・指示を出す監督・コーチ、アイテムで言うなら得点板や団旗など、選手以外も撮りましょう。(写真:『仲間・絆… 物語第二章』 yoshiyuki ebisuさん)

選手の真剣なまなざしも撮っておきたい。

笑顔だけではなく、時には真剣なまなざし、悔しい表情等も思い出になりますね。(写真:『GO FOR IT! 未来へ』 tama-kitiさん)

「団結」を思わせるシーン。

チームメイト同士の励ましあい、ハイタッチ、円陣など・・・。プレイの合間に見える、団結感も撮っておきたいですね。(写真:『GO FOR IT! 未来へ』 tama-kitiさん)

他にもこんなアイディア

オフショット

仲間と楽しくはしゃぐ時間、お弁当、家族との一コマなど、ちょっとほのぼのとするシーンを入れておくのもいいですね。

卒部・卒団の時に振り返る

チームに入りたての頃の写真を卒団・卒部のときのアルバムに入れるのもいいですね。

おすすめ特集:卒部・卒団

お世話になった方へのプレゼントには。

ギフトラッピングサービス

ギフトボックスに入れてお届けするサービスです。
(写真はGrande用。Trad用もあります。)
ご自身でラッピングされる方にはギフトボックスキットもお求めいただけます。

このページのトップへ