2019年 注目の一冊
フォトプレッソギャラリーから
注目のブックをご紹介します。

フォトプレッソギャラリーからお客様のブックを毎月1冊ご紹介しています。

12月の1冊『街角の陰陽』

勝原 行雄さん

いつもの景色が重なり合うことで見たことのない世界に様変わりする多重露光の楽しさを味わえます。移ろいゆく街角の表情はすべてアートに見えます。

11月の1冊『Bonne route』

ツールドアリタ運営事務局さん

ビンテージカーの色合いが、美しい街の風景に溶け込んでいい味が出ています。車のある風景が楽しめる1冊です。

10月の1冊『道東/根室バードランドの猛禽類』

撮影・新庄俊郎 @ TOSHIROSHINJOPHOTOSさん

猛禽類の王様が大迫力に飛び交う様子に圧倒されます。道東の自然の美しさがあふれ出る大作です。

9月の1冊『Eternal Best Friends』

Nono & Guriさん

かわいい仲良しコンビ。お互いどういう気持ちなのか、想像が膨らむばかりです。最後のページには深い深い愛情を感じます。

8月の1冊『未だ来らぬ者への鎮魂歌』

遠林健一郎さん

日本で2番目に広い都道府県である岩手県の路線バスを巡るDEEPな旅。路線バスの停留所を記録する作品はギャラリーで唯一無二のテーマです。停留所の個性が滲み出ています。

7月の1冊『MOTMOT』

S.NAGAさん

鳥と昆虫の生存が詰まった1冊。最後のページを読み終えた後、タイトル「MOTMOT」の意味が理解でき、読み返してしまいました。最初から最後まで決定的瞬間が詰まっています。

6月の1冊 『Dogs~ 共に生きる ~』

Takさん

旅先で出会った「犬」たちを写した作品。街角で出会った「犬」たちを勇気づけ、飼い主の気持ちを代弁するコメントが気持ち良いです。愛犬の眼差しを一通り見た後、表紙のタイトルを見るとすっと心に染みます。

5月の1冊 『森の中のハスキーズ』

nanaさん

みんなで整列したり、ひとりで行動したり。景色が変わる度に表情や動きが変わる様子は見ていて魅きこまれます。下から撮った表情、ぎりぎりの接写など撮影の工夫や愛情に溢れた一冊です。

4月の1冊 『ヨセミテ エルキャピタン ノーズ』

Motoaki Kakuさん

圧倒的な臨場感で迫る写真と親子の気持ちの交わりが温かく、クライミング記録としても素晴らしい一冊です。

3月の1冊 『北海道 小樽の小さな生き物 Ⅱ』

北緯43度さん

表紙写真を見てその先にどんな世界があるのか気になり、思わずページをめくってしまいました。キノコの愛らしいフォルムと不思議な生態がとても魅力的です。

2月の1冊 『廃景×工場』

YOUSUKEさん

人工物と自然との溶け合いが素晴らしい写真の数々。神秘的、幻想的な世界に思わず、引き込まれます。

1月の1冊 『New York』

aloha さん

昼も夜も活気あふれるニューヨーク。見たことのある有名は場所でも、その人の撮り方次第で、ほんとうに刺激的にみえるのですね!

このページのトップへ