みんなが喜ぶ!
卒部・卒団アルバムを作ろう。
これは使える!
便利な機能をご紹介します。

ゲストルームを使おう

ゲストルームとは、ブックをWeb上で限られた人だけで共有できる機能です。
1つのゲストルームで6冊まで共有することができます。
もちろん、PC,スマホ、両方から作成・閲覧でき、利用料もかかりません。

ゲストルーム活用術:その①

編集中のブックを公開する。

もし誤記や不備があったら・・・と思うと、編集者は何度も確認を重ねなければなりません。 完成する前に、ゲストルームで公開して、「みなさん、それぞれ確認ください」と、チェックしてもらうのも、一つの手です。

ゲストルーム活用術:その②

誰でも1冊から購入できます。

ゲストルームで、ブックの購入可に設定すると、誰でも自由に購入することができます。 メンバーのなかには、おじいちゃんおばあちゃんにあげるからもう一冊欲しい、 など、個々に増刷のニーズが出てくるケースもあります。 そんな時にもあらかじめゲストルームを案内しておけば、作成者が個別に対応しなくて済みます。

ゲストルーム活用術:その③

「電子ブック」としていつでもどこでも閲覧できる。

卒部アルバムを持ち歩く・・・というのはなかなか現実的ではないですが、ゲストルームに置いておくことで、 メンバーがそのブックを、スマホやPCで閲覧することができます。
どこに居ても、卒部アルバムを見ながら思い出に浸ったり、友達と盛り上がったり・・・。
電子ブックならではの便利さですね。

オンラインアルバムを使おう

PHOTOPRESSOで使う写真は、CANON iMAGE GATEWAYのオンラインアルバムから直接アップロードできます。

オンライアルバム活用術:その①

みんなの写真をアップロードしてもらう。

アルバムで使えそうな写真は、個々で持っていることが多いので、みんなの持っているイイ写真が一か所に集まっていると、ブックづくりがぐんと楽になります。オンラインアルバムと連携しているPHOTOPRESSOなら、みんながアップした写真を直接ブックに使うことができます。

オンラインアルバム活用術:その②

個々の写真が欲しいと言われたら

ブックに使った写真が欲しい、とメンバーから言われたときも、オンラインアルバムを紹介しておけば、ここでダウンロードしてもらえます。

作成前のイメージづくりは「ギャラリー」を活用しよう。

まずは、みんなの「卒部・卒団」ブックを見てみよう。

フリー素材を使って、ブックをより華やかに。

”寄せ書き” にも使えます。

このページのトップへ