1月の特集 駅をたずねて 
日本全国、
写真に残したい駅の風景を訪ねて。

無人駅・秘境の駅・・・ ~北海道編~

櫛井 敬雄 さん

周りに人があまり住んでいない「秘境」と呼ばれる地域のの駅。大自然の中にひっそりとた佇むその姿に、どこか懐かしさと温かさに包まれた趣を感じますね。

駅守猫 ~工場街の無人駅で~

大塚 義孝 さん

工場街の無人駅で、駅の毎日の営みを静かに見守る駅守猫たちがいます。猫たちに守られる駅、そしてその駅を利用する人々に見守られる猫たち。

鉄路の旅路

辻 栄 一 さん 渡部 誠さん

北海道の稚内から、鹿児島の枕崎まで、廃線と現役線を行き来しながらの鉄路の旅。”鉄道の旅に出ていた旅人と廃線の魅力に取りつかれたカメラマン”との共同制作というだけあって、鉄道写真の面白さが凝縮された作品ですね。

天浜線 二俣駅

遠藤 さん

天竜二俣駅の、可動する転車台と扇形車庫は、全国的に見ても貴重な鉄道遺産になっています。プラットホームも国の登録有形文化財に指定されており、それ以外にも、昔の駅にあった懐かしいものも展示されている。ぜひ、忘れずにカメラを持って訪れたい場所ですね。

もぐら駅⇒一の倉沢  ~降りてみたい日本一のもぐら駅~

大水 黒鳥 さん

なんと駅舎から下り線のホームまでが10分ほど階段を下りなければならないという話題の駅が、群馬県にあるそうです。谷川岳に行く時には、このブックのようにもぐら駅で降りてのんびりと歩いて行くルートを一度体験してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ