本づくりのヒント
~家族旅行編~
ギャラリーの作品からアイディアをご紹介します。
子供も大人も、いつでも気軽に見返せるように。

家族旅行で撮った写真は、家族みんながいつでも気軽見返せるようになっていますか。
何をしたか、どんな感じだったか。写真は撮りっぱなしでデータ保管・・・のままだと、時間とともに記憶が薄れ、 思い出すチャンスがなかなかなくなってしまいます。 旅行のあとは写真をまとめてブックにするいい機会です。

タイトルとサブタイトル

今回紹介するブックのタイトルは 『大自然遊びツアー in 九州』です。 どんなダイナミックな遊びが始まるのでしょう、わくわくしますね。 サブタイトルには、旅行の日付が入っています。 これも、何冊もブックがたまってきたときに、整理しやすく、いいアイディアですね。

地図を見ながら行程がわかる!

このブックの始まりは、地図です。 どこをどう廻ったか、一目でわかりますね。 ほかにも、旅行のスケジュール表を載せたり、旅行に行く前の気持ちを書いたり・・・ブックの始まり方は大事ですね。

いった場所ごとにページ(見開き)を作る。

行った場所ごとに見開きを作っていくと、配置もしやすく、見やすくなりますね。大きいテキストには、「どこで遊んだか」 小さいテキストに詳しい思い出を書く、というスタイルもいいですね。

縦写真も使ってダイナミックに

横長やスクエアだけでなく、「縦写真」のレイアウトもあると、高さ、奥行きが強調されて、一連の流れにリズムがつきますね。例えば横位置で撮った写真でも、思い切って縦写真レイアウトにはめて、余分なところを切り取ってみる、というのも 面白いと思います。

いかがでしたでしょうか。あなたの夏休みの旅行や思い出もぜひ、PHOTOPRESSOでまとめてみてくださいね。

このページのトップへ