楽しい動物写真を撮りに行こう
しおりさんの撮影地レポート
~井の頭自然文化園~

動物と触れ合いながらベストショットを狙う!

井の頭自然文化園

今回撮影に出かけたのは、東京都武蔵野市にある井の頭自然文化園です。愛らしい動物達をとっても近くで見ることができます。今回は、かわいい写真だけでなく、ちょっとふふっと笑える、癒し系動物写真にもチャレンジです。

早速、撮ってみよう!

網消し

わりと一般的な技ですが、このメンフクロウの顔はしっかり撮りたい!「こっち向いて~」と声をかけながら、AFは一点を選択してちゃんとフクロウに当てます。ズームを一番望遠側にして絞り解放で網が消えたのを確認してシャッターを切りました。網にピントが行ってしまわないように注意します。

かわいいアングルで大きく!

モルモットと触れ合えるコーナーではどアップ写真に挑戦!膝に乗せてやさしくなでながらリラックスさせて、目がとろんとしたところをパチリ。ピントは一番手前の鼻にしました。レンズ焦点距離を望遠側にすると、背景がぼけてモルモットの顔が際立ちますね。

楽しい言葉を載せたくなる写真は”瞬間”を待つ。

ファインダーをのぞきながら、しばらく動きを観察してみましょう。ずーっとみていると面白い表情をする瞬間があるんですね!

後姿もチャームポイント

ついついかわいい顔に目が行ってしまう動物たちですが、こちらのマーラは後姿がかわいすぎ!でした。黒くて丸いお尻を思わず連写しました。

看板やオブジェも撮り方にひと工夫

動物園では、動物をモチーフとした絵やオブジェなどの作品にもぜひ注目してください。背景に気を付けたりアングルを工夫することで、印象も全然変わってくるんですね。猛獣のオブジェは低い位置からカメラを構えることで草が入ってより雰囲気が出ました。

風景撮影も楽しみましょう。

花や新緑など、季節を感じながらお散歩できるのも動物園の楽しみの一つですね。来園する時にどういう花が見ごろなのか、HPで確認してみるといいと思います。

みんなの「どうぶつ園」ブックを見てみよう!

今回”しおりさん”が撮影したフォトプレッソもあります。ぜひ見つけてくださいね!

井の頭自然文化園 基本情報

<開園時間>
9時30分~17時(入園および入園券・年間パスポートの発売は16時まで)
<休園日>
月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)/年末年始(12月29日から1月1日)
※一部の休園日を開園することがあります。詳細はHPをご覧ください。

<観覧料>
一般 400円 (団体)320円
65歳以上の方 200円 (団体)160円
中学生(都外)150円 (団体)120円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料です。
※無料公開日・・・みどりの日(5月4日)/開園記念日(5月17日)/都民の日(10月1日)

<アクセス>
JR中央線、地下鉄東西線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」から徒歩約10分
吉祥寺からバスの利用など詳細は公式HPをご参照ください。

このページのトップへ